安全保障関連法案に対する長崎県議会の意見書可決につきまして

長崎県議会、安保法制賛成意見書を可決 全国の都道府県議会で初「西日本新聞 Yahoo ニュース」

すでに皆さんもご存知のとおり、長崎県議会は7月9日に、安全保障関連法案の今国会中での成立を求める意見書案を賛成多数で可決しました。これが長崎県の意思として全国へ、世界へ発信されたのです。私たちの会派「改革21」は安全保障関連法案の撤廃を求める意見書案を提出しましたが、県議会で過半数を占める自民系会派のによって否決されてしまいました。

かつての自民党は党内にも様々な意見があり、それが互いの歯止め役も担っていました。今の自民党にもそれはあるのでしょうか?長崎県議会が積算する問題を後回しにして、議論の時間も少ないままに結論を出す必要があったのでしょうか?

この暴走に怒りと恐怖と不安を感じずにはおられません。

(吉村まさとし)