世界文化遺産決定

みなさん、ご存じの通り、7月6日に本県など8県の23施設が「明治日本の産業革命遺産」として世界文化遺産に登録されることが決定しました。特に23施設中、8施設が集中する長崎市は祝賀ムードで一杯です。本当に素晴らしいことだと思いますし、多くの観光客にとっても魅力的なものとなるはずです。
kyuyama
しかし、世界遺産に登録されただけで全てが上手くいく訳ではありません。例えば、軍艦島(端島)に行くには旅行会社や海運会社の船を利用する訳ですが、現在は各社の乗り場がバラバラで、観光客にとっては分かりにくくなっています。乗り場をある程度統一したり、アクセス改善をはかるためにも行政主導で整備していく必要もあると思います。世界に認められた価値を維持していくのは長崎県の責務なのですから。

そして、来年にはいよいよ本県と熊本県の14資産が「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」として審議される予定です。登録されれば長崎県には、2年連続で世界遺産が誕生することになります。これは本当に凄いことです。私たちの暮らす長崎県には、それだけの価値がある素晴らしい街なのです。

(吉村まさとし)