県議選は厳しい戦いですが・・。

私が立候補する長崎県議会議員選挙の定数は長崎県全体で46人。その内、私の所属する長崎市選挙区は定数14です。それに対して今回、長崎市選挙区から立候補するのは18名。18人中14人が当選するのだから楽だろうとお考えになる方もいるでしょうが、18名の立候補者の中には元県議も半分以上含まれており、言わば、一度、県議として当選した方々です。そう考えると数字以上に狭き門であることがおわかりいただけると思います。

県議になるために必要な得票数の目安は約1万票と言われています。これは私が過去、長崎市議になった時に得た票数の約2倍にあたります。大きな支持母体がない私にとってとても大きな数字です。厳しい戦いです。

ですが、私は悲観していません。私自身、長崎の街を思う志は誰にも負けない自信があります。そして、この想いを伝えていけば、必ず心は通じると信じています。街頭演説や朝立ちで「吉村まさとし」という名前を見かけたら、少しでも構いません、足を止めてみてください。声をかけてください。是非、私、吉村まさとしの想いを聞いてください。よろしくお願いします。

(吉村まさとし)
連絡先:m-yoshimura@key.ocn.ne.jp